スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ねみーー
はい、八犬伝について卒論書いてます。

内容は、八犬伝の登場人物における名詮自性を解き明かす。

ってなもんです('A`)

名詮自性(みょうせんじしょう)ってのは、「名は体を表す」ってのと同じ意味です。

例えば、「手束(たつか)」の名詮自性を考えるとすると。

八犬士の一人「犬塚信乃」の父は「犬塚番作(ばんさく)」。
母は「手束(たつか)」といいます。

父・番作は、戦にて脚を怪我し、杖に頼って歩くような不便な体となりました。
戦場からふるさとに帰る途中、親が決めた婚約者の「手束」と偶然出会います。
ふるさとへ戻る旅で番作は、手束に助けられてなんとか乗り切ります。
つまり、手束は番作の杖代わりみたいな存在として、まず役に立ちました。

そして、この世には「手束杖(たつかづえ)」というものがあります。
その意味は、「手に握る杖」。

つまり、手束のその名前は番作の杖代わりを果たすという使命を帯びたものだったんですねー!
わー!


本来、名詮自性とは「名=その人物の性格や人格」ってな意味です。

例えば、「勇気」という名の男性がいたとして、その「勇気」君が非常に勇気溢れる勇ましい男性だったとしたなら、まさに「名は体を表している!」「名詮自性!」なわけですね!!!!


しかし、作者である馬琴の考える名詮自性とは一般的なものとは少し違います。

その人の特徴だけを表すのではなく、その人の運命までをも表すものだとしているのです。


八犬伝に欠かせない人物「伏姫」は、犬である「八房」の嫁となる運命でした。
しかし、この運命は既にその名が付けられたときから決まっていたようなものなのです。

「伏」という字を、二つにわけると「人」と「犬」になります。
これは「人にして犬に従う」という運命を表すものだったんですねー。
わー!

そんなこんなで、物語の中で既にその名前の意味が明記してある人物もいますが、それは八犬士や重要人物のみです。

私は、馬琴は脇役だからって適当な名前を付けたとは思えない!
脇役だって、何かしらの意味があってその名前にしてあるはずだ!

という推測のもとに、調査をし、600人以上もいる登場人物の名前の意味を調べることにしたのでした。










後悔してます('A`)
スポンサーサイト
八犬伝あらすじ③
さぁさぁ!敵大将の首をとってビップ扱いの八房君ですが・・・

義実さんは、いつまでたっても伏姫をお嫁にくれません。

じれったい八房。うずうずしたのだろうか・・・(*ノωノ) アハンw

ある深夜に、伏姫の部屋へと忍び込み・・・・・・

伏姫「あぁ~~れぇ~~!おやめになってぇ!」
八房「よいではないかw」

※八房は犬なのでしゃべりません。これは毛のフィクションです。

まぁ、こんな感じ?
本物の八犬伝の原本にある挿絵では、八房が伏姫の服を咥えている。アハンwイヤンw

そこに登場!!義実こと、伏姫のパパン!!

義実「コォルァァァ!!八房!!きさま、犬のぶんざいで人の娘に何さらしてんじゃあぁぁ!!」

自分からしたお約束なんてそっちのけw
八房を攻めます!!
原本には、槍を持って向けている挿絵がございます。

まぁ、どこの家のパパでも可愛い娘を犬の嫁になんてあげたくないのは当然でしょう。

が、しかし!!

そんなパパを見て伏姫は・・・とても健気な台詞を言うのでした。

伏姫「お父様。一国の領主ともあろう人が、約束をやぶるなんていけないわ。私は八房の妻になります!!」

義実「なっ・・・。何を言うかぁぁぁ!!コイツ犬だぞ!?」

伏姫「わかっています。そう・・・私が犬の嫁になったなんて、世間に広がったらいけないですわ・・・。私は、八房と共に山へこもり、ひっそりと暮らすことにします。お父様・・・さようなら!!!!」

【伏姫】ε=ε=ε= 。・゜(゜ノT-T)ノ

【義実】||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||


そして、伏姫は八房の背に乗り山へと向かうのでした。。。


あと少し!!続きへどうぞ。

つづきを表示
八犬伝・あらすじ②
さてさて、呪いにかけられた里見家のその後ですよ。

義実さんは、とてもいい領主として働いていました。

そして、彼には伏姫(ふせひめ)という美女な娘がいたのでした。
そしてそして、里見家では八房(やつふさ)という馬鹿でかい犬を飼っていたのでした。


はいはい。とてもいい領主でも、隣国が土地を狙って攻めてくるのはどうしようもありません。戦い戦い戦い・・・戦争の続く日々です。

そんなある日、本当に死んじゃいそうになりました。
籠城をしていたのですが、食料がなくなってもう無理。
いっそ死ぬのなら、思いっきり戦って死のう!と、覚悟を決める義実さん一行。

覚悟を決めた夜、八房を撫で回しながら義実さんはつぶやきます。

「ふぅ・・・。八房よ。もし、お前が敵の大将の首とかとってきてくれたら、もう大感謝で・・・伏姫をお嫁にくれてやってもいいのになぁ。はっはっはっはっは・・・。あぁ、もう。どうしよう。」

おふざけ半分の台詞なんです。これ。

だって、犬が人間の言葉をここまで理解して敵を倒すなんて・・・
そんな都合のいいことが・・・


八房「あぉぉぉぉ~~~~~~ん!!!」


都合よすぎです。

なんと、翌朝になって八房が敵の大将の首をとって現れたのでした。

もちろん、戦争はこれで完全勝利!

里美家はうっはうはのラッキー勝ちです。

八房は、豪華な部屋!食事!その他!で、盛大な恩賞を受けるのでした。


さぁ、問題はここからだ・・・。
でも、今日はココまでw
八犬伝・あらすじ
久々更新。
前期終了と共に、課題に埋もれて死にそうです。
まだ終わってないし~~ヽ(`○´)/




さて、八犬伝のあらすじですが・・・。簡単に紹介するとしても、全部なんて無理です。
量が半端ないんすよ。

なので、物語の始まりだけ簡潔に紹介。
あとは、個人的に本や漫画で勉強してください。
あ、映画とかは大抵話しが違うから漫画の方がおすすめかもw





昔昔、あるところに・・・玉梓(たまずさ)という悪い女がいました。
彼女は、絶世の美女!!!なのですが、お決まりのパターンで偉い人を魅了し、贅沢三昧の豪遊生活を送っていました。

税金を取られまくる民は、苦しい毎日を送っています。

そんな時、里見義実(さとみ よしざね)という武将が部下を引き連れ、更に民をも仲間にして成敗しに参上しました!!

玉梓にべた惚れして、悪政を行っていた領主は退治され、玉梓も処刑となりました。

しかし、処刑の直前で玉梓は命乞いをします。

玉梓「私は女です。男の人に従わずには生きていけません。どうしようもなくて、こうなってしまったのに・・・私を殺すのですか?どうか、実家に帰らせて下さい。実家でおとなしく暮らしますから」

優しい義実は、その玉梓の言葉を聞いてもっともだと思います。

義実「そうだよね~。美人も大変だねぇ。女だし、逆らえないもんね。じゃあ、許してあげようか・・・」

金碗「ちょっと待ったぁぁぁぁぁぁ!!!」

処刑を取りやめにしようとすると、臣下の一人である金碗(かなまり)さんが口を挟んできました。

この人、すっごく優秀で義実の右腕的存在なんです。発言力も抜群なんです。

金碗「殿!騙されてはなりませぬ!」

義実「む!?」

金碗「この女は、悪女です!ここで生かしておけば、後々また悪いことをするに決まっています!」

義実「むむ!?そうか、ではやっぱり処刑にしよう」

義実も、とてもいい人なんだけど・・・ココで軽はずみな発言をしたがために、里美家は呪われるのでした。

玉梓「……ちょ!!!一度許すと言ったのに、やっぱり処刑ですって!?私の命を弄んだわね!?キィィィィィィ!!ヘ(゜曲、゜;)ノ~ 」

玉梓キレます。

玉梓「にっくき里見義実!!お前の里見家を、末代まで畜生道に落としいれ呪ってやるからなぁぁぁぁぁ!!」

こういい残し、玉梓は処刑されるのでした。


女の呪い、恨みって怖いんですよ。




続きはまた後日・・・。
南総里見八犬伝・序章
「南総里見八犬伝」
と、パソで入力する時は「なんそうさとみはっけんでん」と一気に入力しましょう。
「なんそうさとみ」とかで切ると…「何操作富」とか意味不明な言語が出てきてしまいますw

さて、今年の正月(1月2・3日、21時~)にドラマ化された八犬伝が放送されていたのをご存知でしょうか?

源氏物語や枕草子といった日本を代表する作品ほど有名ではない八犬伝ですが、このドラマで内容を知った方は多いでしょう。

が。

あのドラマを見て、

「南総里見八犬伝?知ってる知ってる♪任せて!」

な~~~~んて、思わないことだw

なぜなら、原作からだいぶアレンジされているからである。
まぁ、基本的なあらすじは合っている。

①里見家が呪われる
②八犬士が出会い集まる
③玉梓の呪いを打ち破る
④里見家復興

しかし、原作で出てくる重要な登場人物が思いっきりはぶかれているのだ。

人物?

犬だなw

「八房」(やつふさ)

菅野美穂が演じた、「玉梓」(たまずさ)という悪女を覚えているだろうか?彼女の呪いにより、伏姫は犬との間に子供を身ごもってしまうのだ。

ドラマを見ていない人は、「なんのこっちゃ」と思うでしょう。


詳しくは、次のブログで序章の部分のお話を簡単に紹介いたします♪

今回は、予習で人物名などを並べてみましょう。

八犬伝というタイトルなだけあって、八人の犬士が登場します。

<八犬士>
①犬塚信乃戍(いぬづか しの もりたか)
②犬川荘助任(いぬかわ そうすけ よしとう)
③犬飼現八道(いぬかい げんぱち のぶみち)
④犬山道節与(いぬやま どうせつ ただとも)
⑤犬坂毛野胤(いぬざか けの たねとも)
⑥犬田小文吾順(いぬた こぶんご やすより)
⑦犬江親兵衛(いぬえ しんべえ まさし)
⑧犬村大角儀(いぬむら だいかく まさのり)

<重要人物>
伏姫(ふせひめ)・・・八犬士の母親的な存在。八房の妻となり、集った八犬士を死後も守り、導き続ける。
八房(やつふさ)・・・里見家に飼われている大きな犬。体に、牡丹の形をした八つの斑模様がある。
玉梓(たまずさ)・・・絶世の美女。その美しさで官僚を操り、贅沢三昧な暮らしをする。死後、里見家に呪いをかける。
義実(よしざね)・・・里美家領主。伏姫の父親。いい人なんだけど、この人の軽い発言がすべての根源なんだな・・・。

さぁさぁ♪
まず、八犬士の名前をよく見て!
気がついた?全員、「犬」が苗字についています。
そして、SROにて私が所属していたギルド・菊花楼には
「犬坂毛野・犬飼現八・犬川荘助・犬山道節」4名が揃っていましたw

盗賊のかっこうで、犬士で並んでる姿とか・・・すっげぇかっこよかったなぁw

さ、そして。太字になっている文字に注目!

八犬士は、他にも共通点があるんです。
☆体のどこかに、「牡丹」の形をした痣を持っている。
☆文字が中に入った数珠を持っている。

数珠の中に入っている文字は、八人分で…

仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌

じん・ぎ・れい・ち・ちゅう・しん・こう・てい


の八文字。そして、太字になっている八犬士の名前の文字を見てください。
名前にある一字の入った数珠を、その犬士が所有しているんですねw
ドラマ見た!って人も、ここまでは知らなかったんじゃないだろうか?

さて、今回はこの辺で・・・。次回、序章の簡単なあらすじを紹介します!






※今日さ、教育実習とかうちの学部だけの特別講義でずっと出席できなかった授業に出たんですよ。提出物がどっさりだったのね。でも、今日締め切りって事自体知らなかったし。0点なんですよw
 先生と研究室でじっくり語り合った結果、補足のレポート提出で合格点をとれるかも!となった。最低60点とらないと、単位もらえない。全て、私次第!!

が、レポートひとつ(原稿用紙5枚以上)で8点。
もちろん、内容がきちんとしていてだ。

60点とるには・・・最低でも8個のレポートを提出。

でも、ひとつにつき8点とれるとは限らないから…。

10個くらいレポート書かないとですwひとつの授業で、今月中にwww

5枚以上、×10…50枚wwwwwwww
卒論並みじゃねーかwwww
しかも、原稿用紙以上の行×文字数設定だから実質かなりの量にwwww
しばらく、ブログ書けないかもーーー(ノ△・。)

Copyright © 菊花楼. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。