スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
荘助の特技
 我が菊花楼の犬川荘助。

今日は彼の特技について語ります。

一言で言うと、


「迷惑」ww


一言言わせてもらうと、

「やめてくれ」ww



私、毛野とりょう、荘助は3人でPTを組んで狩りをしていました。
かなりの時間、3人とも真剣に…。

ふと、気がつくと荘助のHP&MPが満タン状態で動きません。

毛野「街に戻ったのか…」

そう思って、特に気にせず狩り再開。

りょうと荘助が、追ってくるのでレベ上げ必死。

意地でも負けない。

勝つためなら卑怯上等。








話がそれました。


で、集中して狩りを続けてどのくらいの時間がたったのだろうか?

相変わらずHP&MPに変化のない荘助。

露店か?と思って地図を見れば、彼は狩場にいました。


毛野「ほうほう。誰かと話してるのか?」


毛野ちゃん、とりあえず街に戻ってその日は終了にしようと思います。


毛野「今日はそろそろ寝るよ~^^」

りょう「うん^^ お疲れ様」


しかし、荘助からは何も返事がきません。


毛野「・・・あれ?」


無反応なので心配になり、様子を見に行くことにしました。









ヾ( ̄o ̄;)オイオイ






20060227170918.jpg



寝てる。

狩場にキャラ放置。

もちろん、温泉に入っているわけでもなく。

誰かが守っているわけでもなく。

反応無し。

が、

驚くべきことは、無防備で狩場に立っているのに


数時間無傷なことだ!!!!

いや、あなた何者!?

荘助の周りには、なぜか敵が一匹もいなくて…

だけど、少し離れるとそこにはうじゃうじゃ。


なんだこれ?

どういう特別待遇だよ!!


どれだけ白チャ・ギルチャ・囁きで話しても反応無し。

そりゃそうだろう、寝てるんだから。

彼の特技は、「狩りながら寝ること」 まさにこれ。


その後、りょうも現地へ到着し、荘助ようやく起きました。

そして、私が少し離れてる間にまた寝てて死んでました。


堂々熟睡




助けてあげたいけどさ、私も寝たいってばww

街に連れて行けないし…

困るのよねww





スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 菊花楼. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。